2011年04月12日

適応力

 みなさん こんにちはわーい(嬉しい顔)
 今日も楽しくワクワクさまです
 
 一昨日、選挙が行われましたね。
 
 地震の影響もあり、自粛モードの選挙でしたが、
 色々な所で「維新」という言葉を目にしました。
 
 この「維新」という言葉、
 「明治維新」などにも使われていますが、
 元は「詩経」の「維(こ)れ新(あらた)なり」
 からきているといいます。

 常に日進月歩していく世の中。
 私たちは変化する状況に対応し、
 常に「新た」にしていかなくてはなりません。
 
 その能力は「適応力」と言い換えることもできるでしょう。
 しかし、人は慣れない環境におかれると、
 プレッシャーで、本来の実力を発揮できないもの。

 では、一体どうすれば適応力を身に付け、
 日々「これあらたなり」を実践していくことができるのでしょうか。
 
 少しだけお話させていただけたらと思います。


◎日々「これあらたなり」を実践するためには

 「適応」あるいは「柔軟」と聞くと、
 変化に応じて次々と変わっていく、
 というようなイメージを抱かれるかもしれません。

 しかし、それだけでは真の適応力とは言えません。

 相手や自身の置かれている状況に合わせて、
 立場を次々に変化させていったとしたらどうでしょうか。
 それは、決して真の適応ではないでしょう。

 では、何が必要なのでしょうかexclamation&question

 もしかすると、意外に思われるかもしれません。
 実は、真に適応的で、柔軟であるためには、
 しっかりした「芯」となるものが不可欠なのです。

 竹はよくしなりますが、簡単には折れません。
 それは、芯があるからです。

 人間にとっての芯とは何でしょうか。
 それを「人生理念」という言葉で表現しています。

 人生理念があるからこそ、
 さまざまな状況に応じて、適切な判断が下せるようになります。

 逆説的ではありますが、
 日々「これあらたなり」を実践するには、
 “変わらない”人生理念が必要不可欠なのです。

今日も楽しく頑張っていきましょうぴかぴか(新しい)
posted by からだ回復センターかけがわ at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

からだ回復センターかけがわ http://kaifuku-k.com <a href="http://blog.with2.net/link.php?1232893"><img src="http://image.with2.net/img/banner/m07/br_banner_hibiscus.gif" width="150" height="60" border="0" alt="人気ブログランキングへ"></a>

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。