2010年09月14日

脳の働き

みなさん こんにちは

今日も楽しくワクワクさまです


 メディアにもよく登場している脳科学者である 
 茂木健一郎さんの書籍を読む機会があったのですが、
 そこに、ちょっと面白いことが書いてあったのでご紹介したいと思います。

 それは『根拠なき自信でも、脳は自信を持つ』という章に書かれていました。


 「あなたは今、人生をどれくらい意欲的に生きていますか?
 5段階で評価してください」というアンケートを取るとします。

 
「3か4くらいかなぁ」など、
 答える人はなんとなくの感覚で言うそうなのですが、
 このなんとなくで答えた結果が、
 中枢の脳活動と極めて精密に対応しており、
 自己評価が高い人ほど、脳の活動も活発であることが分かってきたそうです。


 これは、大脳皮質の下にある大脳辺縁系(記憶や情動を司る部位)を
 中心とする領域が関係しているそうで、やる気がある時とない時とで全く状態が異なるそうです。

 やる気をもって生きている時には、
 脳がやる気を持っている状態に実際になるのだそうです。

 ということは、「やる気がなくなっている…」と感じたら、
 やる気を持っている時の脳の状態を自ら作りだしてしまえばいいわけです。

 同じように、「自信がない…」と感じたら、
 自信を持っている脳の状態を創りだしてしまえばいいのです。

 「自分は必ずできる」
 「私には自信がある」

 そう信じこむ。
 今まで大きな成功体験がない人も、まずは自信を持っている状態を
 自ら創りだしてしまいましょう。

 そのようなメッセージで締めくくられていました。



 「自信とは思い込みである」
 「小さなものでも構わないから、それを根拠として
  『自分はできる!』と自分に思い込ませていく」
 
 
 また、茂木さんは別の章で、「脳に刺激を与えるためには
 『本物』に触れることも大切だ」と主張しています。

 パソコン一つでほとんどの情報にアクセスできてしまう現代社会だからこそ、
 強い感動や刺激を脳に与えるためには、ヴァーチャルなものではなく、
 「本物」に直接触れることが大切なのだそうです。


勉強になりますひらめき

大感謝exclamation×2
posted by からだ回復センターかけがわ at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

からだ回復センターかけがわ http://kaifuku-k.com <a href="http://blog.with2.net/link.php?1232893"><img src="http://image.with2.net/img/banner/m07/br_banner_hibiscus.gif" width="150" height="60" border="0" alt="人気ブログランキングへ"></a>

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。